レクティフィケーションについてご質問を頂くことが多いので記事にしてみたいと思います。

 

レクティフィケーションとは、出生時間の割り出し・出生時間の修正のことを言います。

西洋占星術では正確な出生時間がとても重要なのですが、残念ながら多くの方の出生時間が分からまいまま鑑定することがほとんどです。

 

正確な出生時間が分かった方が結果として得られる情報がとても多くなります。

もちろん、分からないなりの占い方もあるので「出生時間が分からないので鑑定できません」ということはないのです。

が!

分かった方が情報量が多いのであれば、それだけ未来に活かせるものが増えるのは言うまでもありません。

ちなみに、4分違えば違ったチャートになります。

詳しくは当サイトのレクティフィケーションのページで説明しているのでそちらをご覧いただくとして・・・。

 

今日はお客様から「レクティフィケーションをお願いしたけど・・・・」とご相談されることがあったケースについて紹介したいと思います。

 

◆とてもじゃないけど人に話せる過去ではない・・・。

意外に多いのがこういう意見です。

もちろん、見ず知らずの占い師に過去を曝け出せ!と言われているのと同じなので抵抗があると思います。

ですが、何と言いますか・・・・仕事柄ほんとうに色んなお話を聞きます。

ですから、みなさんが「こんなことは人に言えない!」と思っていることも私にしてみれば「生きてりゃそんなこともある!」と思えることの方が多いのです。

というか、たいていのお話で引くことはありませんのでご心配なく。

 

また、出来事について詳しくお話しいただかなくても、例えばこんな感じでオッケーです。

 

「19xx年x月 異性関係でショックなことがあった。その後、長くトラウマとして引きずることになる」

「19xx年x月 金銭トラブルに巻き込まれた。とても戸惑った」

 

事の詳細が知りたいのではなく、何年何月にどんなことが起こったのか?それについてどう感じたのか?

という最低限の情報だけで大丈夫なのです。

 

それでも言いづらいことがあると思いますが、その時は「恥はかき捨て」と思っていただけると助かります。

レクティフィケーションで使用した資料は出生時間の割り出し後はシュレッダーにかけて破棄します。

また、通常の鑑定と同様に知りえた情報を漏らすことはありません。

 

 

◆りょう先生に嫌われてしまうかも・・・。

皆さんの過去を知ったからといって嫌うということはないと思います。

大事なのは「今」なので(^^

 

 

だいたい大きく分けてこの2つを心配される方が多いようです。

誰だって黒歴史はあるし、人に言えないことをしているものです。

過去の出来事が積み重なって今につながっていて、そのおかげで私とみなさんが知り合えているのです。

そう考えると皆さんの過去に感謝ですよね(^^

 

大事なのは今と未来です。

 

もし、上記のようなことが心配で二の足を踏んでいる方がいればこの記事が気楽になるきっかけになればいいなと思います。

 

ちなみに、レクティフィケーションについて詳しことはこちらをご覧くださいね。

 

先日、家族で食事をしていた時に驚いたのが、姪っ子の成長ぶりでした。

育ち盛りだと言っても、1年間で10センチも背が伸びていたのです。

目線が・・・・ほぼ一緒。

 

彼女が生まれた日のことを鮮明に覚えているのにそれがもうあんなに昔のことだなんて・・・・。

驚きです。

 

育ち盛りの子供たちの成長は目でみて分かるので「大きくなったな〜」とか「立派になったな〜」って思えるんですが、それと同時に等しく私の中でも時間が経過していることを意味します。

 

見た目で成長を実感できない私は自分の中で少しは成長したんだろうか?

 

答えはハッキリ分かりません。

10月の3連休。

去年のことを少し思い返していました。

それもまるで昨日のことのように思い出せます。

だけどあれから一年が経過しています。

歳をとるごとに時間の経過が早くなって意識をしていないと自分がどうやって生きているのかも分からない始末。

 

去年の今頃、青い海に感動し地球の美しさに心奪われていました。

今は日々の生活に時間の経過を感じる暇もなく埋もれています。

それが悪いことではないけど、正直ちょっと焦りも感じます。

 

私がしたいことって何?

 

自分のホロスコープを占い師として見つめていると日の出前の一番暗い時期のイメージが漂っています。

実際、もう日は昇り始めているんだけど夜明け前が一番暗くて寒々しいですよね。

そして日が昇り始めてもしばらくの間はまだ目が慣れていなくって光を見出せません。

今まさにそんな感じ。

 

ただ、日が昇るまでの間に準備していたこともたくさんあって、それがいずれは日の目を見ることも分かっています。

占い師で良かったと思いうのは、こうやって「今っていう時にも意味があるんだ」と分かることです。

 

姪っ子の成長は目でみて分かることだけど、私の成長は自分で意識して積み上げていくものです。

もう少し心のエンジンが温まってきたら、目に見える形で活動して結果を出していくつもりです。

 

それにしても、自分は変わっていないつもりでも時間ってちゃんと経過してるんですね(;^ω^)

しっかりおばちゃん化してるんだわ(笑)

 

西洋占星術で相性をみる。

これはほとんど毎日でも依頼を頂く内容です。

 

でも、相性そのものの善し悪しだけではなく実は大事な要素がもう一つあります。

それは

 

「いつ、その人と出会ったか?」

 

ということ。

言い方を変えると

 

「その人といつ接点を持ったか?」

 

ということです。

最近はメールやSNSの普及で「いつ」というのが履歴に残りやすく思い出しやすいですね。

その時、どんな星回りで自分に対してその時の星の運行がどんな影響を与えていたか?

といことが「関係性の形」を読み解くのに役立ちます。

 

要は、二人が出会ったときにどんな星回りになっていたのか?

 

ということですね。

ご縁があったり、相性が良いという相手は意外に多くいるものです。

でも、すべての人と結ばれるわけではないのは皆さんも体験済みですよね?

 

その人と出会って、ご縁を紡いだ意味というか、関りの質というのがどんなものか?

誰もが気になることだと思います。

それを解きほぐすヒントになるのが「いつであったか?」ということなのです。

 

そういう視点から、自分自身ご縁があった人との出会いをチャートを見ながらふりかえってみると・・・・。

とっても面白かったし、納得できるものばかりで夜中にニヤニヤしてしまいました(笑)

 

もし、その人との出会いについて具体的な日時をさかのぼれるのであれば、その情報をもとに

ご縁の謎を解きほぐす切っ掛けになると思います。

 

 

 

私のストレス解消。

それは「読書」です。

 

仕事に関する本を読むのは「読書」ではなく「仕事」に分類しているので、それぞ除いても本を読む時間は長い方だと思います。

ストレスが溜まったり、日常から離れたいときは本を読むことで手っ取り早く現実逃避ができるんです(笑)

 

その中でも好きなのはファンタジーですね。

実際にありそうな話だと自分なりの考えが出てきてしまうとリラックスできません。

でも、日常には存在しないような話だと何でもアリになるし「そんな世界があったらいいな」と思うと胸が弾みます。

ってことで、特に気晴らしをしたいときはファンタジーに偏ります。

 

ただ、いろいろ読み漁っていると自分なりの好みが出てくるようで、好きな作家さん・苦手な作家さんと別れてきます。

日本でも有名で大人気の作家さんの作品に「ちょっと・・・無理」と感じることもあるし、誰?というような外国人作家さんの本に夢中になることもあります。

 

お勧め作品はありますか?

 

とたまに聞かれるので誰にでも好んで読んでもらえそうな作品を二つ紹介します。

 

◆ステファニー・メイヤー 『トワイライト』

◆シャンナ・スウェンドソン 『(株)魔法製作所シリーズ』

 

トワイライトは有名すぎますよね。

(株)魔法製作所シリーズは上手くできたお話ですし、面白くって笑えます。

私もそんな魔法が使えたらな〜!!!と思うし、ホッコリできるのでお勧めです。

 

読書の秋とも言いますし、皆さんのお勧め書籍も是非教えてくださいね。

 

先週、「ひろのぶの部屋」というインターネットテレビの収録のため、東京へ行っていました。

神戸から出ることがほとんどない私にとって、東京へ行くって・・・・一大決心です。

でも、考えていると決意が鈍るので、お話を頂いてすぐに「行きます」とお返事しました。

 

そして当日、台風が来る前で良かった〜なんて思いつつ、飛行機で移動。

往復飛行機の方が断然安いし早いんですよね。

日帰りなら移動時間は短い方がいい。

 

でもやっぱり羽田空港の広さを目の当たりにして「はい?ここどこ?」という感じ。

電車の切符を買い間違えたり、逆向きの電車に乗ったりと失敗つづきでしたが、どれもギリギリで「?おかしい・・・」と気づいて回避。

なんとか、約束の時間に予定通り到着した時にはすでに「私の目的は達成された」という気分(笑)

 

いやいや、ここからがお仕事やろ!って感じです。

 

で、いざ収録が始まると・・・・。

 

能面のように固まる私・・・。

 

もう無表情で司会者の田中泰延さんとアナウンサーの坂本奈津美さんのお話を聞いているだけ(笑)

さすがにプロのお二人なので話題を上手にふってくれるのですが、あたふたするばかり(;・∀・)

 

唇は緊張して乾くし、自分が何を言っているかも分からないまま1時間が過ぎました。

 

帰りはどこかに寄ろうかと思ったものの、移動時間も考えると大人しく羽田に向かって、そこでお茶をする程度しか余裕はないな〜と判断。

神戸に戻った時には緊張が解けて疲れがもドバっと・・・・。

 

で、今回実感したのは、私はメディア向けではないということ。

写真を撮られたりカメラの回っているところでは自分が別の人間みたいになって何もできません(;^ω^)

こりゃ、適性ないな。

 

あと、良かったことは自分一人で移動できるようになってきたこと。

長距離移動を苦手と感じていた私にとって「やればできる」ということを繰り返し経験することは大事。

頭では、日本語が通じて円で買い物ができるんだから問題ない!

と分かっていても、なぜか苦手意識がぬぐえなかったんだけど、それは「経験」を繰り返していくことで拭い去れるものだと実感。

こうやって「一人で遠方に出かける」こともやっていけば「どこでも行ける!」って自信になるんですね。

 

今回、収録ではヘマばっかりで「やっぱ苦手〜!!」と思ったけど、一人で遠出して行動できる!ってことを実感できたのは大きな収穫★

行動範囲を広げていけるきっかけになりました。

 

ちなみに、インターネットテレビの放送日は分かりませーん(;・∀・)

自分が動いてるのとか、映ってるのとか見るなんて恐ろしくてできない(笑)

 

とにかく、一つは自信になった経験ができて良かった★


Profile

Search

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 素敵な出会いに感謝
    ゆずの
  • 婚活、本音は?
    りょう
  • 婚活、本音は?
    ゆずの
  • 占い師をしていて嬉しい瞬間
    りょう
  • 占い師をしていて嬉しい瞬間
    ゆずの
  • 占いの種類
    りょう
  • 占いの種類
    ゆずの
  • 占い業界への提案
    りょう
  • 占い業界への提案
    ゆずの
  • 復縁したい!?〜いい関係だったのに相手に好きな人ができた〜
    りょう

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM