こんにちは(^^♪

日々、オリンピックを観戦しながら熱い気持ちになっている今日この頃です。

 

さて、今日は「有限」ということについて考えてみたいと思います。

 

ここ1年ほどですが私、髪の毛を伸ばしております。

友人の結婚式に向けてアップにできるよう伸ばしているのです。

 

すると久しぶりに対面鑑定でお会いするお客様と待ち合わせをしていても「誰だかわかりませんでした!」と言われるくらい雰囲気が違って見えるようですね。

いいように見えていたら良いのですが(;'∀')

 

で、髪の毛を伸ばすという目的は結婚式のためのことなので、式が終われば再びショートに戻そうと思っていたのです。

 

気まぐれに髪の毛を伸ばしていたころ「どうして真夏の暑いときに、延々とドライヤーをかけているんだろう・・・これって人生の無駄な時間だ!!」なんて考えて、その足で美容室に行ってショートにしてもらったことがありました。

それくらいお手入れだとか、ドライヤーの時間とか嫌い。

面倒くさいのはイヤなんですよ。

 

美容室に行って「どんなスタイルにしますか?」と聞かれたら「何もしなくてもソレっぽく見えて楽なのがいいです」と即答します。

だって、お金払って髪の毛を切ってもらっているのに、何十分もかけてセットしないと外に出られないような髪形にされたら嫌じゃないですか(笑)

 

だいたい↑こんな話をすると美容師さんは「ですよね〜(;^ω^)」と同調してくれますが内心ドン引きしているのが伝わります(笑)

 

で、こんな面倒くさがりの私ですが髪の毛を伸ばし続けようと考えたのです。

 

フリが長くてごめんなさいね、ここからが本題です。

 

今みたいなお話を、私が尊敬しているある女性(年上)に話したのです。

すると意外な答えが返ってきました。

 

「髪の毛長く伸ばせるなんて今だけよ?

そのうち白髪が出てくるし、50代になってきたら薄毛問題も出てくるんだから!

コレ、かなり重大な問題なんよ。

髪の質も変わるしね〜〜〜

綺麗に伸ばせるなんて、若いうちよ♪」

 

ものすごく明るく仰っていたので「ははは〜」とその場は終わったのですが、後になってその言葉が染みてきたんです。

 

なぜならこの歳になってくるとはっきりと老いを感じるようになります。

いや、大袈裟な話じゃなくって、ふと鏡を見た時の自分の疲れた顔とか、蚊に刺されたところの跡がいつまでも残っているとか(笑)

 

今まで気にならなかったことが気になり始め、それが自分を象っている細胞の劣化だと気づくんですよね。

つまり老いを実感するってやつですよ。

 

20代のころなんか全く気にせずに「好きなもの好きなだけ食べた〜い」とか「毛穴ひらくって何?」とか思ってたのに、同じ調子で30代前半を過ごしていると40代になって鏡を見ると「なんじゃこれ〜〜!!」と驚くことなんてザラなんです。

 

自分の劣化を実感し始めたからこそ、その方の言葉が沁みてきたんですよね。

 

「いつまでもあると思うな親と金」ならぬ「いつまでもあると思うなハリと艶」みたいに。

 

それだけじゃなくって、本当はほぼすべて物事に限りがあります。

無限ではなく有限なんですね。

いつも当然のように「在る」ので、その質が「劣化」していたり「衰え」ていることに気づかないことも多いですが、その現実を意識するようになってくる頃には実際より本格的な衰えが進行しているという事態も多いんじゃないでしょうか。

 

髪の毛にドライヤーあてるのが面倒だ!

 

と若いころの私は思っていましたが、髪を当然のように伸ばせる期間って有限なのかもしれませんね。

そんなことを考えていると・・・・・

 

だったら

 

ドライヤー、パワフルなやつに買い替えよう!

 

とか

 

髪の毛が長くないと出来ないヘアアレンジを楽しんじゃおう!

 

みたいに思えるようになりました。

 

いま、当たり前に持っている自分の何かは「いつまでも同じ質で保てるわけじゃない」んですよね。

だったら、その状態でいられるうちにたっぷり楽しんじゃおう!

 

そんな風に思えたんです。

 

その女性のお話は、私が20代や30代前半であれば「へぇ〜」で終わっていたことでしょう。

いま、この年齢で、実際に実感している衰えがあるから「そっか!」と胸にストンと落ちてきたのですね。

 

お話していることがストレートに届くかどうかって、その人の年齢や状態によるものが大きいと思います。

で、私は衰えを如実に実感しているので「じゃ、伸ばせるうちに伸ばして髪の毛結んで遊びます☆」と思いました。

 

いいですか?

今日は今あるものは無限ではなく、有限なんだよって話をしています。

 

が!

コソっと言いたいのは実はこっち。

 

「いつまでもあると思うなハリと艶」

 

以上です!(^^)!

 

 

言い訳、コレわたし得意です(;^ω^)

日常的にはよく言い訳してますよ、だって怠け者ですから(笑)

 

あ、今日は犬の散歩で疲れたからお米買いに行くのやめよ〜、だって重たいんだも〜ん。 とか。

 

でも、一つだけしないように気を付けている事あります。

それは、自分の心に言い訳しないことです。

 

だから「言い訳なんてみっともない真似をするな!」と偉そうに言いたいわけじゃなくって、今日ここに書きたいのは「その言い訳は何のためにするのか?」ってこと。

 

もっというと「どの段階で言い訳しちゃうのか?」ってこと。

 

つまり、言い訳ってタイミングがあると思っているんです。

 

例えば、何かをやらかしてしまった後に「いや、これは・・・・実は・・・・ちょっと・・・・」という感じで「やった後にする言い訳」もあれば、何かしようと思ってたけど「今日は〇〇だからヤメておこう」という感じで「しないことの言い訳」があると思います。

他には「〇〇だから無理だな」っていう感じで「諦めるための言い訳」があったりします。

 

個人的にはこの「諦めるための言い訳」だけはそれ違うんじゃない?!と思うわけです。

 

やった後にする言い訳

しないことの言い訳

 

この2つに関しては既に行動に移したり、行動に移す意思はあるという状況なんです。

 

でも、最後に挙げた「諦めるための言い訳」は「やる前」であり且つ「行動に移す意思がない」ということにおいて先に挙げた2つと決定的に違うのです。

 

そして、この「諦めるための言い訳」をしている人がとっても多い。

 

言い訳しなきゃ諦められないなら諦めることをヤメればいいし、そんな言い訳している時点で「本当は諦めたくない」と言っているようなものなんです。

 

ちょっと分かりにくいと思うので具体例をあげてみましょうか。

一番多い言い訳は「年齢」です。

 

『いい歳して何を望んでいるんだか・・・・無理ですよね』

 

このフレーズは頻繁に目にしたり耳にしたりします。

 

確かに「この歳から宇宙飛行士になるなんて無理ですよね」という言葉を60代の人から聞くと「来世での楽しみにしましょうか(^^♪」っていう会話になると思います。

でも、その内容で占い師にお金を払って鑑定を依頼する人はいないんですよ。

 

私が言っているのは占い師にお金を払って相談をしているのに「いい歳をして無理ですよね」と言う人たちです。

 

60代や70代の方が語る宇宙飛行士の夢みたいな話は、生まれ変わったら〇〇になりたいみたいな話題であって、お金を払って真剣に相談するタイプの話題ではありません。

もちろん、そういう希望や夢を持っていらっしゃる方がいても素晴らしいとは思います。

ただ、現実として私はそういう類のご相談をうけたことはありません。

 

でも、実際にお金を払って相談しに来ているってことは「本当はどうにかしたい」という願望があるうえに「諦めきれない」何かがあるからだと思うんです。

 

それなのに、自分の心が動くことを止める為にわざわざ言い訳をするのはなぜでしょう?

 

怖いからでしょう。

不安だからでしょう。

 

それくらいは想像つきますが、占い師にお金を出して相談している時点で、それは本人が思う以上に深く浸透している希望だと思います。

カードで難しい結果が出たり状況が進展しない結果がでることもあるでしょう。

 

でも、心の中で自分が希望や願望や情熱を抱くことに何の問題があるんでしょうか?

心で思うくらい何を思ったって良いじゃないですか。

 

現実、ままならないことなんて山ほどあるんだから、心の中で思うことくらい自由ですよ。

 

あなたは一体、何のために言い訳をしているんですか?

 

時々ズバーっと聞いちゃいます。

みなさん、とっても驚かれます。(そりゃ、そうか)

 

心の中で思ったり情熱を抱くだけなら誰にも迷惑をかけませんよ?

確かに難しいことなら行動に移す前に考えた方がいいし、対策や方針を練るべきだと思います。

もし気分が乗らないなら「しないことの言い訳」をしたっていいと思うんですよ。

 

でも、誰にも何の迷惑もかからない心の内のことに関して「諦めるための言い訳」をするのはなぜ???

 

それって、すごく勿体ない。

 

いつだって思います。

 

「心の中は自由だ」

 

あなたのその言い訳は、何のための言い訳でしょう?

 

もし、自分の心の内にまで言い訳をしているならとーっても勿体ないことだと思いませんか?

 

もっと自由でいいんじゃない?

そんな風に思う今日この頃です。

 

 

 

見るからに楽しそうなカードです(#^.^#)

「豫」とは喜びや楽しみを意味します。

このカードをイラストレーターさんに依頼するとき「ハートが飛び散る感じでワクワク感を出してください!」と言った記憶があります。

 

そうオーダーしてしまうくらい雷地豫というカードは未来に対する期待感を表しています。

また、ワクワクしていたり、何かに夢中になっている様子を伝えています。

 

どんなシーンで出ても悲観的な要素はなく、明るい未来を思い描いているのですね。

そういう意味では暗さや辛さ、苦しさや困難といったものとは無縁のカードです。

 

ただ、このカードのポイントはあくまでも「期待感」という実体のないものをあらわしているということです。

そのため、いまだ実現していない夢や希望というニュアンスで意識しておいた方が良いでしょう。

 

そして楽しいことに夢中になって地に足がついていないということもあります。

だからこのカードを得た時、それとなく現実的な部分に意識を促していく必要があると言えるでしょう。

お話の内容によっては「気を付けてくださいね」と言う必要もあります。

 

これは私のお客様のお話ではく、別の占い師さんから聞いたお話です。

投資のお話をいただいて「儲かる話らしいけど、どうなるか占って」と言われて出たカードの1枚が雷地豫だったそうです。

ご相談者さんはウマイ話に舞い上がっているようで、儲かったら〇〇したいなど夢を語っていらしたそうです。

ですが、残念なことにそのお話・・・占うまでもなく誰が聞いても怪しい投資話だったそうで、最終結果も残念なものだったそうです。

 

その占い師さんはすっかり舞い上がっているご相談者さんをお諫めし、「現実的にそんな話があるかを考えてみてください。ご家族とお話になってみてはいかがでしょうか?」と冷静になる時間を設けることをお勧めしたそうです。

後日、落ち着いて考えてみれば、そんなウマイ話はないだろうという結論に至ったようです。

 

そのまま投資のお話に乗っていたらどうなっていたかは誰にもわかりません。

それでも、このカードは地に足のついていないくらい浮ついた気分であることも意味します。

どういう状況でこのカードが出たのか?

それを考えてリーディングしていく必要がありますね。

 

イーチンタロット販売・書籍・講座については こちら⇒ 占いサイト「remain こころのありか

 

「実るほど首を垂れる稲穂かな」

 

このカードはまさに謙虚さが大事であることを示しています。

どれだけ実力や能力があろうと、それをひけらかさずに控えめでいるほうが良いということです。

 

言い方を変えると、実力や能力があろうとそれを発揮することができない状況だったり環境に恵まれない意味にもとれます。

そういう状況で何かを始めることはできませんし、協力者も見込めません。

 

このカードが出た時は「その辺りでヤメときましょうか」と言われているようなもの。

順調にいっていたことなら「さらに上」や「もっと!」という欲をいったん捨てて、現状維持か平均化を目指しましょう。

 

また、順調にいっていないのであれば譲歩したり、退くことも考えた方が良いでしょう。

 

いずれにしても、このカードは前に押し出すエネルギーは到底ありません。

一歩引いて見ることで、物事のヤメ時を推しはかりましょうというニュアンスが強いのです。

 

恋愛や感情、関係性などにおいて読み方が大きく変化するカードなので判断が難しいのですが、問題を取り巻く状況などを詳しく聞くことでピタっとくるリーディングができます。

 

ちなみに、恋愛や感情でこのカードが出た場合・・・・。

性欲の強さや肉体関係を意味することもあります。

 

え?このカードって謙虚さやヤメ時をあらわすんじゃないの?!

 

と思いますが、カードにはいろんな意味があってケースバイケースでリーディングするポイントが変わるんですね。

その辺りが「カードのリーディングが難しい!!」と感じる原因かもしれません。

 

でも、何度も繰り返しますが質問者様のお話をしっかり聞いて状況を理解していれば「これしかない」という意味が浮かび上がってきます。

ですから、カードの意味をちゃんと把握できていればそんなに迷うことはないと思います(#^.^#)

 

詳しくはイーチンタロット講座などでお話しています。

 

イーチンタロット販売・書籍・講座については こちら⇒ 占いサイト「remain こころのありか

 

 

 

個人的には、イーチンタロットの中でも「出たらラッキーだよね」と思うカードBest3に入るのが「火天大有」だと思っています。

 

もうこのカードが出たら、とにかく「手早くまとめて!」と叫びたくなります。

 

火天大有とは、時間で言うと太陽が一番高い時、つまり南中している正午のことを指すんですよね。

それって「今、まさに最高到達点だよ!」ってことなんですよ。

もしくは、その状況になろうとしているという意味。

 

だから、迷ったり悩んだりしている暇はなくて「今すぐ動け〜!!!」って時なんですよね。

 

だいたい、「火天」という並びをみても分かるように天の上に火が昇ってるわけですよ。

それって隅々まで明るく照らすことなのだから良いカードのであることには違いないんです。

とはいえ、時間でいったら太陽が最も高い位置になる時ですが言い方を変えると後はどんどん沈んでいくことを意味します。

だからこそスピードが命なんですよね。

 

対面のお客様で「ここに来る前に好きな彼にライブに誘われたんですが、ちょっと焦らしてやろうと思って返事してないんです〜テヘ」っと笑ってお話してくれた方にこのカードが出ました。

 

「そんなショーモナイ(くだらない)駆け引きいらんから、今すぐココで彼に連絡して行くって伝えて!」

 

彼女にしてみたら、焦らして自分の価値を高めたかったのかもしれませんが恋愛でこのカードが出た時は注意が必要なこともあるんです。

 

それは、相手の気が変わりやすいということ。

 

火は燃えるものを探してどんどん移っていきますよね。

相手の気持ちも他の刺激を求めて変わっていくことを示す場合があるのです。

 

実際、その彼に「夕方まで待って返事なかったら〇〇を誘おうと思ってた」と言われたそうです(;^ω^)

後日、その女性から連絡があって、大好きなミュージシャンのライブを一緒に楽しんで二人の仲が進展したという報告をいただきました☆

 

このカードはラッキーカードですが、そのチャンスを掴むために必要なのは「とにかく今すぐ!」というスピード感なのです!

 

イーチンタロット販売・書籍・講座については こちら⇒ 占いサイト「remain こころのありか


Profile

Search

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM