このところ、人と話をしていて思うのが・・・・

 

未消化な気持ちほど厄介なものはないということです。

 

十年経とうが二十年経とうが、消化されていない気持ちは本人も気づかないところコンプレックスとして残ってしまうことがあるようです。

 

そして、再び時が巡って何か似たような状況になった時、未消化だった過去が顔を出して再びその人に問いかけます。

 

「今回はどうする?」

 

って感じで。

 

難しいならその課題を「パスしま〜す!!」って敬遠してもいいと思います。

ただし、それは逃げるのではなくパスすることを積極的に選択してください。

自らの判断と選択で、その方向性を決めたという自覚が大事です。

それを考えもせずに、目を背けたり、やり過ごすと気持ちは消化されずにコンプレックスとなります。

 

今から言うことは抽象的な表現になりますが聞いてくださいね。

もしかしたら、今のあなたにも当てはまることかもしれません。

 

ネクストバッターサークルで、どれだけ上手く素振りができても全く意味はありません。

バッターボックスに立って、ピッチャーと対峙して初めて意味があります。

ホームランを打ちたいなら、あなたがバッターボックスに立たないと。

そして、バットを振れ!

 

それもしていないのに「自分には無理だった」というのは全く見当違い。

 

何もしていないから気持ちは未消化なままでコンプレックスになるのです。

 

何かを精いっぱいやったという結果があれば、時間がかかっても消化されます。

 

敬遠するにしたって、自分がそれを積極的に選択をすることが大事です。

 

勝負をしない人に、結果を語る資格はないのです。

 

いま、お客様の中で勝負をかけて挑んでいる人たちがたくさんいます。

本当に今まで動かなかったことが急激に動き出しているのです。

勝負をすると決めた人たちは、それぞれの覚悟をもって動いていらっしゃいます。

私はそんな人たちの心の支えでありたいと思っています。

今日は占いとは無関係なお話です。

(いや、いつも占いとは無関係な話ばっかりですが・・・)

 

実は私、プライベートではかなりの無精者。

なので、数少ないお友達や家族には自分から連絡することはほとんどなくて、返事も用件のみというあっさりしたものです。

Lineだったら「既読」になってりゃ読んだって分かるから返事しなくてもいいと思うくらいです。

 

お客様からのご相談で「返事が素っ気ないんです」とか「既読になっているのに返事が来ないんです」というご相談を受ける度に「それ、私もやってるな・・・」と思ったりします。

 

幸い、家族や親しい友人は私のそういう部分を諦めてくれている(と勝手に思っている)のでトラブルになったことはありません。

 

そんな私の自慢は、何と言っても友人に恵まれていること。

ハッキリ言って私には友達が少ない。

 

でも、数少ない私の友達はみんな私の多少イカれた言動に動じない心を持ってくれています。

 

先日、珍しく自分から友人に連絡をしました。

 

「体液質の本持ってる?」

 

というような内容です。

挨拶もそこそこに、用件のみぶつけるような感じ。

 

そんな不躾な内容にほぼ即レス状態で「古代ヨーロッパの?医学の歴史の本でチラリと見たくらいかな」返ってきます。

続けざまに、その本の情報をサクサク教えてくれます。

 

私にとっては違和感のないコミュニケーションなのですが、この話を他の人にしたら「まず、体液質って何よ?」と聞かれました。

 

そっか、普通はそこからなのね(;^ω^)

 

二十数年来の友人になると、お互いがどんな分野に関心があるか、そのうえで自分に何を求めているかが分かるんですね。

余分な説明なく、打てば響く相手。

当たり前のようになっているけど、それって普通のことではなく恵まれていることなんですね。

 

改めてその友人に「今ね、こんなことやっててね」と簡単に説明をすると興味津々に反応してくれるんです。

 

私の周りには、勉強熱心で好奇心旺盛な友人がいてくれます。

数は少なくても、私のことを理解してくれようとする人がいてくれる。

 

本当に幸せなこと。

 

嬉しいな。

 

 

 

 

 

レクティフィケーションとは、出生時間の割出のことを意味します。

 

西洋占星術では何よりも出生時間が重要!

「だいたい〇時くらい・・・」という情報は「無いよりマシ・・・」というレベルであり

最も必要なのは「正確な出生時間」なのです。

 

もちろん、出生時間が分からない人には分からないなりの占い方をしています。

 

が!!

 

正確な出生時間が分かった方が断然詳しい結果をお伝えすることができるようになります。

 

以前にもお伝えしましたが、4分違えば違った出生図となり使い技法によっては1分のズレが3か月の時間のズレとなります。

 

いかがでしょうか?

たった1分で3か月です。

数分ちがえば、それはもう占いとして参考にできるものではなくなります。

 

今後、remain こころのありかでは正確な出生時間をご存知の方を対象に、西洋占星術を用いたサービスを拡充していく予定です。

 

つきましては、まだご自身の正確な出生時間をご存じでない方にはレクティフィケーションをお勧めしております。

また、レクティフィケーションをお申込みいただいた方には無料で半年分の未来予測をおつけいたします。(約400文字程度)

 

ぜひ、ご利用くださいませ。

 

レクティフィケーションの詳細はこちらをご覧ください。

人生、生きてる期間が長くなればなるほど不思議現象を体験することも増えてきます。

 

今日は誰でも一度は体験しているんじゃないか?ということについてお話したいと思います。

 

それは・・・

 

「前にもあったな、こんなこと」

 

ってやつです。

 

そういえば、前も似たようなことがあったな〜、また今回もか〜・・・という現象って経験していませんか?

 

私は結構ありますよ。

 

まるで自分の中のブームが再び到来したかのように。

それが楽しいことならいいのですが、傾向としては前に苦い思いをしたり、結局はスルーしたことが再び巡ってくることが多いような気がします。

 

皆さんにはそういう体験ありませんか?

 

でも、そういう時ほどチャンスだと思ってください。

 

前にもあったようなことが再び巡ってきた時、それは「今の君ならどうするか?」と問われているようなもの。

 

もちろん今回もパス!!

 

っていう方法もアリだと思います。

他には

 

ここまでやってみよう!

 

っていう選択もアリでしょう。

 

大事なことは何度でも巡ってくるはず。

だけど、一度で成功させようなんて思わなくても、その時の自分の精一杯でぶつかればいいんだと思います。

その事実があれば、どんな結果であっても「成長」はあるし、次に巡ってきたとしても「前の自分とは違う」自分で取り組めるはずなんです。

 

いま、私はまさに「前にも調べたな〜」ということにぶち当たっています(;^ω^)

 

で「前はこれを避けて通ったな」ということも覚えています。

今は「今回はどう料理しようか?」と向き合う選択をしてみました。

 

その結果、「やっぱ、今回もやめとこ」と思うかもしれません。

でも、あの時の自分とは違った自分で同じ物事をみたとき、自分に出されている課題は前よりも明確になって「意味があるんだな」とは思えるようになっています。

 

向き合って、その後どうするかを考えよう。

 

必要なことだから何度もめぐってくるし、いつかは自分の中で消化できるはず。

これはチャンス! まさに腕試しですね。

 

何だか今日は皆さんに伝えているつもりで、結局は自分の決意表明みたいになってしまいました(;^ω^)

 

また自分の中で壁を越えられたと思ったときには、ブログで「越えたぞ〜!」と報告します。

その時は「なんだか分からんが、あの占い師、一歩進んだんだな」と思ってくださいね(笑)

 

雷風恒(らいふうこう)

 

このカードの意味が沁みる今日この頃。

 

「恒」とは「変わりながらも変わらない」ものを意味し

 

似たような言葉で

 

「常」は「全く変わらない」ものを意味します。

 

 

イーチンでは夫婦の姿を「変わりながらも変わらない」ものの象徴としています。

 

結婚して年月が経てば、お互い若いままではいられませんし、人の親になることもあります。

また、職業が変わることもあれば病気をすることだってあるかもしれない。

 

互いに「同じまま」でいることはありません。

それでも、「過去」から「現在」、そして「未来」へ続いていくものが「夫婦の道」だと言っているのですね。

 

イーチンでは「夫婦の姿」を「恒」として説いていますが、この本質は何事にも当てはまる普遍的なものだと思っています。

 

私たちは常に変化しています。

 

その中で、変わらずに在り続けるもの。

 

それこそが、その人にとって本当に価値のあるものなのではないでしょうか?

そして、それは「恒」に在るため意識しずらいものなのかもしれません。

 

多くの物事において「変わりながらも変わらないもの」は、人が本当に必要としているものを意味していると思っています。

 

このカードのイラストは、過去・現在・未来にわたり一本の道が続いている様子を描いています。

 

あなたの中にもきっと「変わりながらも変わらないもの」が存在しているはずです。

それを意識できれば人生の幸福度はアップすること間違いなしですね(#^.^#)


Profile

Search

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM