魂の記憶

0

    映画「君の名は。」を観に行きました。

     

    めちゃくちゃ面白い映画です。

    あの世界観にはハマってしまいましたね。

    もともと、あの監督の映画は好きで、 「秒速5センチメートル」 や「言の葉の庭」を観ていました。

    だから期待して映画館に行ったのですが、期待以上で大満足でした。

     

    前にメルマガでもチラっと書きましたが、きっと誰もが一回は体験したようなことが背景にあるんですよね。

    夢から目が覚めて、寝起きは覚えているんだけど、どんどん夢の記憶があいまいになる・・・。

     

    どうでしょうか?

    経験はありませんか?

     

    私自身、何度もあることです。

    物語のような壮大な何かは無いんですけど、高校生の時、夢の世界がどうにもリアルで、目が覚めてから現実世界に戻ることがなかなかできませんでした。

    どちらが現実で、どちらが夢かの区別がつかず一日を変な感じで過ごしていました。

    ですが、だんだん気づいていくんですよね。

    「こっちの世界が現実だ・・・」ってことに。

    そうなると、それが悲しくて受け入れたくなくて、2日間くらいボケーっとしていました(;^ω^)

     

    夢の世界で何があったのかは覚えていないんです。

    その時は覚えていたんですが、だんだん曖昧になってきて、何であれだけあちらの世界を恋しく思っていたのか?

    どうしてこちらの世界と区別がつかなくなっていたのか?

    分からないんです。

     

    普通に考えたら、友達や親、兄弟はこちらの世界に居るのに、あちらの世界を失ったことが受け入れるのが嫌なくらい悲しかったんですね。

    不思議な体験です。

     

    あと、別件では夢の中でとても大好きな人と一緒にいた記憶があります。

    それはシーンも覚えているのですが(かなり曖昧で、それこそ名前や顔は覚えていないのですが)、その人と一緒にいることで心が満たされて幸せな気分で満たされていました。

     

    でも夢だから目が覚めてしまうんですよね。

     

    覚めた後には、もう一度会いたくて何度も寝ようとしたのですが、都合よく同じ夢が見られるわけでもなく(;^ω^)

     

    そんな時期が高校生の時に続いていました。

     

    学校の国語の授業で出てきた漢文に「胡蝶の夢」がありました。

    夢の不思議を語っています。

    そして古今和歌集にある小野小町の・・・・

     

    思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを
     

    この和歌に出会いました。

     

    現代語訳は

    あの人のことを思いながら眠りについたから夢にでてきたのだろうか。夢と知っていたなら目を覚まさなかっただろうものを。

     

    そう、「夢と知っていたなら目を覚まさなかったのに・・・」

     

    この気持ちは、千年以上前の人にも共通してあった気持ちなんです。

    荘子の胡蝶の夢の感覚だって国や時代に関係ない感覚ですよね。

     

    その頃、大好きな小説の新刊にも小野小町のこの詩が入っていて、何かのメッセージなんだろうな〜と感じたことを覚えています。

     

    夢と現実との区別がつかない・・・と言うほど夢に入り込んでしまったり、目覚めて悲しくなるくらい夢の中で誰かと深く関わった・・・という夢を見ることは、あれ以来あまりありません。

     

    ですが、今回みた映画でやっぱり心の深い部分が刺激されました。

    あ〜、こんな感覚があったな。

     

    魂の記憶っていうか、きっと今じゃなに何かと繋がっていた記憶なんじゃないかな・・・

     

    なんて考えたりするんです。

     

    そして、こないだ知ったこと。

    新海監督は古今和歌集にはいっている小野小町の歌をもとに「君の名は。」をつくったそうです。

     

    ね?

    面白いでしょう?

     

    やっぱ、みんなどっかで繋がっているんですよ。

    私の心が反応するのも当然かもって納得した次第です。


    ポケモンGO

    0

      タイトルをご覧になって「はい?今更?」とか

      「え?いい歳をした大人がやってんの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね(;^ω^)

       

      はい、私はポケモンGOにはまっております。

       

      実は、スーパーマリオでさえクリアしたことのないゲーム音痴な私です。

      まったくゲームというものに興味が湧かなくって、やったこともありません。

      そんな私が楽しんでポケゴーをやっております。

      それも飽きずに(;^ω^)

       

      プライベートを知る友人たちは、みんな驚いています。

       

      え???

      そんなん、やってんの?

       

      そう、やってるんですよ。

      それが、最近とっても便利だな〜と思うのが、みんながやってることを

      私もやってみたら当然ですが「共通の話題」ってものができるんですね。

       

      今まで、趣味は犬や甘いものくらいしか話がなくって、人と何かの話題で

      盛り上がるということも滅多にありませんでした。

       

      だって、犬はどこのお宅も我が家の愛犬が一番かわいいし、甘いものには

      好みがありますよね。

       

      でも、ゲームって主観が入り難くて人と仲良くなる共通の話題としては

      とっても使えるんですよ。

       

      まったく意識していなかったんですが、ちょっとした会話とかから

      ポケゴーの話とかになると、年齢性別や立場を超えて楽しくお話し

      できていることに気が付きました。

       

      あれ?

      今までにない感覚だな〜・・・

       

      超人見知りっ子で、雑談力の欠片もない私にとっては、誰かとお話するのは苦手。

      できれば、誰にも話しかけられずに隅っこでジーっとしておきたいのです。

      だけど、社会に出たらそうもいかずに、下手くそながらにお話をすることもしばしば・・・。

      その度に、雑談力があって自然とお話しできる人ってすごいな〜と思っていましたが、

      ポケゴーの話ができるようになって、そういう苦手意識が減っている自分に気付いたのです。

       

      これは発見ですよ!

       

      もちろん、ブームというのもありますし、今だけの話題かもしれません。

      でも、この発見は大きいのです。

      要は、そういう話題ツールを持っていたら、この私でも年配の方やお子様とかと

      楽しくお話しできるという事なんです。

      健康・体重・お天気トーク以外で人と話ができるというのは大きいですね。

       

      ブームに乗ってみる、案外、営業力や雑談力を鍛えるのかもしれません。

      そして何より、今までこういう分野に関心がなかった私が、新しく面白いと思える

      世界を体感できたというのも嬉しいです。

       

      もうちょい、こういう楽しい話題を自分の中で身に付けていきたいなって思います。

       

      りょう

       

      以下、興味のない方は読み飛ばしてくださいね。

       

       

       

      先日、いつも行っている公園でポケゴーの画面を見ると・・・・。

      まだ図鑑に登録されていない影が出ていました。

       

      リザードン!

       

      野生ですよ!

      そして、ちょっと動くと・・・・・出たーーーー!!

       

      CPだってすぐに実践で使えるくらいの上玉です。

      もう、この時点でテンション⤴

       

      ズリの実つかって、惜しげもなくハイパーボールを投げまくり

      数分後・・・・。

       

      奴は去っていきました(:_;)

      手元にあった数十個のハイパーボールはなくなり、ズリの実もなくなり・・・

       

      なぜだーーー!!

      とかって、本気で悔しがりました(;^ω^) 大人の癖に笑笑

       

      だって、リザードン大きいはずなのに、なぜか小さい。

      ボールを投げても届かない!

      めっちゃ遠いやん( ゚Д゚)

       

      同じように、野生のカイリューに逃げられた人の話を聞いて爆笑した私・・・。

      ようやく、その人の気持ちが分かった瞬間でした(笑)

      笑ってごめんね💦

       


      相手を知ることから始めませんか?

      0

        前回の記事の続き・・・というわけではありませんが、前回は

        占いには種類があってね、というお話をしました。

         

        で、統計学について。

        生年月日や生まれた時間、場所などでその人の運気の流れや

        基本的な性格を占い方法です。

         

        雑誌の占いでも12星座占いとかありますよね。

        他には動物占いや、四柱推命などなど。

         

        みなさんは、占い雑誌などをご覧になる時、当然ですがご自身のところをみますよね。

        このブログをご覧になっている方の中で、何人の方が彼氏さんや彼女さん、ご主人や奥様の

        ところをご覧になっているでしょうか?(お子さん、ご兄弟、ご両親でも結構です)

         

        何が言いたいかっていうと、人それぞれに感じ方や考え方、生き方や行動のとり方、

        そして何に価値を見出すかって本当に違うんですよ。

         

        それこそ十人十色という言葉がぴったり。

        千差万別でもピッタリ。

         

        要は、まったく同じ人なんてこの世にいないってことなんですよね。

         

        占いをしていてよく聞く言葉に

         

        だって普通こうですよね?

        もし好きだったら、普通はこうするはず!

        私だったら、こうするのに・・・

         

        というのがあります。

        誰だって基準は自分におくので、それが悪いというわけではありません。

         

        ですが、相手の気持ちや言動の真意が理解的ない時って、自分の基準で

        考えて分からないから悩んでいるわけですよね?

        だとしたら、そうやって自分を基準にしていたら、いつまでたっても

        分からなくって当たり前なんです。

         

        まして、そうやって考えていたら知らない間に私が正しい、あなたが間違い!

        的な感覚になってしまうかもしれませんし、私は大切にされてないんだ・・・

        とか勝手な推測でネガティブな発想になってしまうかもしれません。

         

        何が大事って、自分を基準にして分からないんだから、相手がどういう人かを

        知ることが一番なんです。

         

        そこで有効なので統計学ですよね。

         

        まず、私という個人の感覚はさておいて、自分の気になる人がどういう人かを

        知りましょう。

        そして、共感できなくても理解していく努力をしませんか?

         

        そうすれば、私にはまったくない発想と感覚だけど、この人にとってはそうなのね・・・

         

        と考えることができます。

        そうやって相手を見られるようになると、この人にはこうやって関わってくと

        いいんだな的な糸口を見つけることだってできるはずです。

        もちろん、統計学では「この人にはこうやって接していくといいですよ」的な

        アドバイスができます。

         

        いつも私は、自分を幸せにするのは自分

        幸せへの近道は、自分を知ること

         

        と言い切っていますが、今日お伝えしたいことは

        本気で関わりたい相手がいるのなら、自分基準を一旦はずして

        相手のことを知っていこう

         

        コレに尽きます。

         

        占いをしていると、いやいや相手はそんな風に考えてなくって

        単純にこう考えている感じだよ(;^ω^)

         

        というケースが本当に多いです。

        問題を複雑化しているのは、「主観」なのかもしれませんね。

         

        統計学では相手の感じ方、感情の癖、受け取り方や発し方のパターン、行動力や

        その行動の現れ方を含め、恋愛パターンなどなど本当にいろんなことが分かります。

         

        こうした占いを上手に使って、人と関わっていくこともいいのではないでしょうか?

         

        相手を知ることから変えていける部分が多くあると思います。

         

        占いを上手に使ってくださいね。

         

        あ。ちなみに、私も統計学やってますから相手のことを知りたい方は

        仰ってくださいね。

         

        りょう

         


        占いの種類

        0

          気付くと8月も終わり、9月になろうとしています。

          犬の散歩をしていると、19時でも明るかった夏の夜が

          涼しい風と共に薄暗くなってきました。

          日中、どれだけ暑くても確実に季節は移り変っているんだな〜と

          実感します。

           

          さて、今日はちょっと占いのお話。

          みなさん、占いに種類があるってご存知ですか?

           

          大きく命占・卜占・相占の3つに分類されます。

           

           

           

          命占(めいせん)

          生年月日や生まれた場所、時間などから、その人の運命を読み解いたり

          未来予測をしたり運気の流れをみていきます。

           

           

          卜占(ぼくせん)

          タロットカードや易など、ツールを使って個々具体的なことを占っていきます。

          おみくじなども、こちらに含まれます。

           

          相占(そうせん)

          人相・手相・家相、姓名判断など対象の形を読み取って占います。

           

           

          それぞれに利点と弱点があります。

          統計学である命占いは、流れや運命的なものを読み解くには素晴らしいのですが

          相手の気持ちや一つの物ごとの展開などを読み解くことは難しいのです。

          その部分を補うのは卜占です。

          こちらはカードやルーン、筮竹などを使って偶然性を重視して占っていきます。

          統計学は生年月日から導き出すので、いつみても基本となるものは変わりません。

          例えば、西洋占星術であれば、生年月日や生まれた場所、時間を元にチャートを出しますよね。

          いつみても自分のチャートは同じです。

          一方、偶然性を重視する卜占いは毎回出る結果が変わる可能性があります。

          常に同じカードが毎回出るわけではないのです。

          個々具体的な変化の多い物事を占っていくのに適していますが、長いスパンで運気の上下を

          みることは苦手です。

           

          そのため占い師さんは、この3つの占術を組み合わせて占うことが多いのです。

           

          実際に私は、統計学である命占とイーチンカードという卜占を組み合わせて占っています。

          そして、今は統計学にはまっています。

          今までは、あまり統計学を前面に出す占いはしていませんでした。

          こっそり見ておいて自分で納得しながらカードをメインに占っていましたが、今後は

          統計学も全面的に出していくのも良いかと思っています。

           

          次のブログに書きたいと思っていますが、統計学を知っていくと、やっぱり人それぞれ

          性格は十人十色なんだな〜って思うんですよ。

          似ている所もあれば、理解的ない所もあって・・・・。

          人を知っていくのに大事なツールになるな〜と思います。

          そういう部分を鑑定で出していければいいなと考えています。

           

          こういう統計学を実生活でどう反映していくかは、次回の記事に書いていきますが

          今日はまず、占いには大きく分けて3つの種類があるんだよ〜ということをお伝えしておきます。

          まったく知らなくても良いことですが、へぇ〜と思ってもらえればいいなと思います♪

           

           


          プレッシャー

          0

             

            夜も暑いけど、やっぱり昼間と比べると涼しく感じますね。

            神戸のメリケンパークは風が吹いていて気持ちよかったです。

             

            さて、オリンピックが終わりますね〜。

            寝不足の日々、そして録画したものをニュースで見る前に朝一で再生し

            一人で大騒ぎしていた日々が終わります。

             

            いろんな名シーンがあった中でも私が一番ハっとさせられたのは

            レスリング女子の吉田選手の決勝戦でした。

            結果はご存知の通り惜しくも敗れてしまいました・・・・。

             

            みなさん、このニュースをどのように思いましたか?

            リアルタイムで応援していた人はどのように感じたのでしょうか?

             

            私はですね・・・。

            四連覇を楽しみにしていたので、負けてしまった時に残念でした・・・。

            吉田選手の涙で私もウルっとしました。

             

            そして試合後のインタビューで彼女は「ごめんなさい」と言っていたのです。

            その時にね、気づいたんですよ!!

            私自身の気持ちに。

             

            そう・・・。

            四連覇できなくて残念!

            でも、銀でも凄い!

             

            とか思ってたんですよ。

            分かりますか?

            私は、「残念」「でも頑張った!!」と心の中で思っていたんです。

             

            どうでしょう?

            他にも多くの人がろ四連覇を楽しみにしていたんじゃないでしょうか?

            それこそ、世界中の人が注目していたと思います。

             

            つまり・・・。

            もしかしたら、億を超す人たちが彼女に注目し、期待していたのかもしれません。

            すごいプレッシャーですよね?!

            もちろん、応援しているんです。

            彼女の活躍に夢を見せてもらい、そして元気と感動をもらっていたんです。

            だからこそ、四連覇を期待していたのですが・・・。

             

            勝手にプレッシャーを掛けてしまっていたんだな〜と思いました。

            応援という言葉の影にプレッシャーを掛けていたという事実。

             

            みんな純粋に応援しているんです。

            でも、それだけではなく応援してもらう側は、応援の裏にあるプレッシャーも

            受け取っているんですよね。

             

            本当は残念でもなんでもなく、素晴らしい功績なんです。

            知らない間にそんな気持ちで応援していた自分が情けなかったです。

            ごめんね(:_;)

            プレッシャーかけてたね・・・と思いました。

             

            どの選手だってすごく頑張ってるんですよね。

            もっと、ちゃんと応援しようと思いました。

             

            とにかく、日本選手の皆さんお疲れさまでした。

            そして、感動をありがとうございました!!

             

            って伝えたいです(^^♪

             



            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            profile

            書いた記事数:1208 最後に更新した日:2016/09/19

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM