昨日の夜から雪が降って、今朝は神戸でも雪が積もりました。

冷え込むはずですね((+_+))

この一週間は寒波が居座るようなので事故やけがに気を付けながら過ごしましょう。

 

さて、今日は「後になって分かること」について書いてみたいと思います。

 

後になって分かること、なので今はまだ分からないことだったりします。

 

言葉遊びみたいになって分かりにくいので、1つエピソードをご紹介します。

(ご紹介するエピソードについてはお客様からの承諾を得て記事にしています)

 

ある女性のお客様がいました。

西洋占星術では、その方の恋愛傾向は穏やかで堅実、そして落ち着いた恋愛ができそうなタイプの方でした。

ですが、ご相談に来ていただくたびに「そんなことってある?!」というくらいハプニングに満ちた内容のご相談ばかりでした。

その方の口癖は「私には、暖かく穏やかな恋愛って無理なんですかね?」というものでした。

 

おかしいですね、本来の彼女の性質は人と争うことが好きではないし、かといって異性の言いなりになるような人でもないし・・・。

恋愛にしても、結婚にしても落ち着きや誠実さ、手堅さや真面目さといった現状とは程遠い傾向が出ていたのです。

 

ただし、お客様にどれだけ合わないだろうな〜と思っていても、その方が「私はこの人が好きです」というのであれば、その方とうまくいくためにどうすればいいかを占うのが私の仕事です。

毎回、作戦会議のように鑑定をしていました。

 

それがある日、今までとは全く違うタイプの男性が気になり始めたというではありませんか。

その男性は、仕事の関わりで前から存在は知っていたけどタイプではなかったので意識していなかったそうです。

容姿も、性格的な感じも全てにおいて今まで恋愛していた感じの男性とは異なります。

どうしたのでしょうか?

タイミングよく、その男性とお仕事での絡みが増え仲良くなり、そしてトントン拍子にお付き合いに発展し、一年後にはめでたくご結婚されました。

十数年たった今も仲良く幸せに暮らしていらっしゃいます。

その方が先日仰っていました。

 

『私があんなに男運がない!とか、奔放な男の人ばかりに恋い焦がれて必死に追いかけて傷ついていたのは、今の旦那さんを好きになるために必要な経験だったんだと思うんです。』

 

ふむふむ。

興味深い話です。

 

彼女曰はく

 

『真逆の人たちと関わって、徹底的に自分に合わないという経験が身にしみないと、私は優しくて堅実なあの人の好さには気づかなかったと思うんです』

 

だそうです。

彼女の旦那様は真面目で優しくて穏やかな人なんだそうです。

だけど、イケイケだった当時の彼女にしてみれば・・・・地味で代り映えがなく、刺激がなくて面白くない人・・・という認識でしかなかったのだそう。

でも、合わない男性たちとの恋愛に精神的にも疲れていた頃、今の旦那様の良さがポーンと目に入ってきたのだそうです。

 

ちょっとした仕事のことで連絡をしても丁寧に反応してくれるところや、こちらが仕事をやりやすいよう工夫してくれるところ。

自分のことだけではなく、相手のことを考えて動いてくれるところが心にしみたそうなんです。

 

弱っていない頃は人の優しさに気づけなかった。

大事なところに気づけない自分が「合わない男性」ばかりを選んでいた。

 

今になって分かったこと、でもその当時には分からなかったことだそうです。

 

占いをしていると、「あれ?本来ならこういう感じの方がこの人にとっては自然な気がするけど・・・」ということが多くあります。

もちろん、占いが外れているだけのことかもしれません。

 

ですが、統計学でもカードでも出ているのに、現実は真逆な方向へいっている人がいた時

「きっと、この人はその対極のことに気づくために今この経験をしてるんだな」

と思ったりします。

 

この女性の時もそうでした。

似たような経験は私にもあります。

 

人によってはそれが仕事だったりお金だったり家族問題だったりします。

 

全く合わない仕事を自分に合っていると思い込んで頑張っていても、本当は心が苦しいんです。

でもそれは、本当に自分に合う仕事を知るために必要な過程だったりします。

お金でしんどい思いをしているのはお金以外の価値観を身に着けるために必要な経験だったりします。

 

無駄な経験なんて何一つなくって、どれもこれも何かに繋がっているんだな〜と思うんです。

 

それは今はわからないことだけど、未来の自分には分かることだったりします。

 

だから、もし今の自分の状況を考えて

「なんでこんな事してるんだろう」

とか

「どうしていつもこうなの?」

と感じることがあるのなら、そのパターンから抜け出すために経験を積み重ねているのかもしれませんね(^^

とことんまで経験を積み重ねて、その経験をバネにして思いっきり真逆の方向に飛び出すための過渡期なのかもしれません。

 

苦しいときや辛いとき、未来の希望を考えられる余裕はないかもしれません。

ですが、もし今このブログをご覧になっている方で思い当たる状況にある人がいれば・・・・

ほんの少し「これは未来の自分の為に必要なことなのかも」と考えてみてください。

どうですか?

少し視点を変えるだけでも「今」が違って見せませんか?

 

「今」は必ず「未来」に繋がっています。

 

無駄な経験なんてないんだな〜って実感できる日があなたにもきっと来ると思います。

 

年が明けてはやくも8日が過ぎました。

みなさまの年越しはどんな感じでしたか?

 

我が家では母が作ってくれたお節をいただきながら

年が明けるとともに初詣に近所の神社に行きました。

 

神戸は除夜の鐘だけではなく、停泊している船が一斉に

汽笛を鳴らします。

今年は教会の鐘も鳴り響いていました(笑)

 

除夜の鐘、汽笛、教会の鐘と賑やかで何やら賑やかな年越しでした。

 

今年はどんな一年になるんだろうな〜と思いながら星の動きが

私にとってどんな影響を与えるのかを眺めていました。

それで、未来日記のようなものを書いてみたのです。

 

お客様に鑑定書付きで提供している「2017年占い」という

サービスは単月ごと12か月分で作っているのですが、自分のものは

星の動きをメインにしているので「●月は・・・」というか書き方ではありません。

 

なんとな〜く、星の動きが気になるときの状態を見て、あれこれ予測をしながら

「この頃の私は●●とか〇〇をしているかもしれない」とか書いて遊んでいました。

 

書いて満足しているので見返すことはないかもしれませんが、

後になって見直した時に検証すると面白いかもしれませんね。

 

そんなことをしながら「今年はどんな年になるのかな〜」とか考えて

「あかんあかん!」と思い直しました(笑)

 

どんな年になるのか?

 

ではなく

 

どんな年にするのか?

 

ですよね。

ここ、大事です(#^.^#)

その日記まがいのものに私の今年の野望なるものを書いておきました。

 

ちなみに、去年のを見てみると・・・。

ほとんど全部、制覇していました。

自分が思いつくレベルの目標はちゃんと達成できるもんなんだな〜と思い

今年も「今の私には目標」であっても「年末の私にはできている」と考え

書いておきました。

 

みなさんも、目標と言えば大げさに聞こえるかもしれませんが

どんなことをするのか?

を心に決めて、書き留めてみてはいかがでしょうか。

それをしておくだけでも潜在意識の「自分」が動き出すものですよ。

 

そういえば、みなさん昨日は夜空を見上げましたか?

私はワンコの散歩をしているときに月をみたんですが、よく見ると月の横に赤っぽい星が見えていたことに気づきましたか?

光っていたとしてもかなり暗いので目を凝らさないと見えなかったかもしれません。

 

あれは火星です。

 

ホロスコープをみると・・・

月に火星がコンジャンクションしています。

実は海王星もあったのですが、さすがに遠すぎて肉眼では見えませんね。

 

月と火星の下の方でひときわ明るく光っていたのが金星です。

 

時々、ホロスコープと夜空を見ながら惚けています。

 

みなさんも時々は夜空をご覧ください。

私たちも宇宙の一部なのでどこかで何かの影響を受けているはずです。

感じやすい人なら何かを得られるかもしれません。

 

 

 

あけましておめでとうございます

 

昨年も多くの方との出会いがありました

そして多くの学びがありました

全てのご縁に感謝いたします

 

新しく始まる2017年が皆様にとって素晴らしい一年になりますように☆

今年もどうぞよろしくおねがいします

 

新年は元日より営業しております

(メール・電話のみ クレジット・コンビニ決済にかぎります)

 

りょう

 

前回の続きです。

 

62雷山小過

 

卦象から読み取れる気持ちと状況についてお話をしました。

今日は少しだけ卦象から読み取れることについて追加したいと思います。

 

では、ここでもう一度、雷山小過の卦をご覧ください。

 

分かりやすいように上卦と下卦にわけてみます。

上卦

 

下卦

 

これが合わさると

 

下から三本目(三爻)・四本目(四爻)の「ー」を胴体として、鳥が翼を広げている形とも言われています。

卦辞(卦について説明したことば)には、この卦には飛ぶ鳥の象がある、としています。

このように卦の形(象)だけでもいろいろなことが読み取れるのですね。

 

では、今回は卦辞についてみていきましょう。

卦辞ってなに?

ということですが、イーチンには64個の卦があります。

つまり、イーチンタロットには64枚のカードがあるということですね。

シンボルである卦の一つずつに、その卦について説明していることばがあります。

 

雷山小過であれば

 

小さなことは良いけど、大きなことは良くない。

昇っては良くない、下に降りるようにすれば大吉。

 

抽象的過ぎて分かりにくいし、実際の占いに使うにはどうあてはめていったらいいのでしょうか?

まず、この卦について単純にどういう意味合い強いのかをハッキリさせておきますね。

このカードは「凶」です

 

卦辞に「下に降りるようにすれば大吉」という文言があっても、ベースは「凶」なのです。

ですから、このカードが出たときはあまり素直には喜べません。

むしろ、どれだけ優しい意味合いで考えたとしてもやっぱり「凶」なんです。

 

イーチンタロットでみる場合、まずはそのカードの細かい意味合いよりも

「凶」なのか「吉」なのか・・・・をパっとわかるようにしておいた方が全体の

リーディングをしやすくなります。

 

話を戻しますね。

 

では、この卦辞はどうとらえたらいいのでしょうか?

 

「小過」

 

この漢字からもわかりますが「小さすぎるくらいが丁度良いですよ」という意味になります。

もっとハッキリ言うと「大きいこと全般、全部ダメ!!!」なんです。

 

それでも分かりにくいですよね。

では、爻辞はどうなっているのでしょうか?

前回お話しましたが易では「どの爻か?」は重要ですがイーチンタロットでは爻辞にある意味や対策をまんべんなく使います。

(これは私の占い方でほかの方は違うかもしれません)

 

ですから、1ずつ爻を読んでいくことはしませんが、ここでは卦辞を分かりやすくするために爻辞に何とあるか紹介したいと思います。

 

まず、鳥が高く飛ぶのは凶とあります。

先ほどお話しましたが、卦の形を飛ぶ鳥と見立てています。

鳥は飛ぶものですが、高くとぶことはダメなんですね。

 

低姿勢が良いという意味になり、高い・上・大きい・過ぎることがNGだという意味になります。

 

また、自分の立場をわきまえて控えめにしておけば良いというアドバイスもあります。

ここでも、低姿勢を求めていますね。

さらに「進みすぎてはいけない」とも言い「行けば殺されるかもしれぬ」とまで言っています。

ここでも「行き過ぎはダメ」といっているのです。

 

このように、爻辞をみても「行き過ぎ」「やりすぎ」「大きい事」や「頑張ること」は全部ダメといっているのです。

その背景には・・・・・

 

やればできるんだけど

 

という部分があるのです。

頑張ればできちゃうんだけど・・・・という状況なんですよね。

 

頑張ればできちゃうんだけど、それをすると後から大変なことになる。

 

この卦にはそういう意味があります。

今の時代、やりすぎたら殺されるなんて可能性は少ないでしょうが、それくらい良くないといっているのです。

また、自分の立場をわきまえることも強く求めています。

今やっていることは背伸びをしているということを示唆しているのかもしれません。

だからこそ、縮小・撤退・減らすことが大事なのです。

 

また、雨を降らしそうな濃い雲があるのに、いまだ雨を降らすに至っていない・・・と、タイミングの悪さも言っています。

待っていても雨は降らない、つまり願いは叶わないし、タイミングが悪い

対策としては、目先を変えて違うことをやった方が良いということになりますね。

 

これが恋愛であれば、タイミングが合っていないし待っていても相手の気持ちはこちらには向かないということになります。

今は相手のことばかりを考えず、目先を変えてみて・・・という感じになります。

 

前回の卦象にもありましたが、目先を変えるのは自分のことばかり考えてしまっているから、もっと相手のことを想像する気持ちをもって!ということにもつながりますね。

他には目先を変えるということから、違う人のほうが良いという判断につなげるのもアリだと思います。

 

どうでしょうか?

雷山小過

 

少しでも「へぇ〜」と思っていただけたら嬉しいです。

 

イーチンタロットはタロットカードよりもマイナーです。

そして難しいと思われているかもしれません。

が!!

そんな難しくないし、けっこう身近な感じで分かりやすいと私は思っているのです。

なので、少しずつこうやってカードの話をすることで皆さんに知っていただけるようになると嬉しいです。

 

ということで、次は雷山小過のカードの絵柄について少しだけお話をして小過について終わりにしたいと思います。

 

 

きらきらイーチンタロット販売はこちらきらきら

 

 


Profile

Search

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 素敵な出会いに感謝
    ゆずの
  • 婚活、本音は?
    りょう
  • 婚活、本音は?
    ゆずの
  • 占い師をしていて嬉しい瞬間
    りょう
  • 占い師をしていて嬉しい瞬間
    ゆずの
  • 占いの種類
    りょう
  • 占いの種類
    ゆずの
  • 占い業界への提案
    りょう
  • 占い業界への提案
    ゆずの
  • 復縁したい!?〜いい関係だったのに相手に好きな人ができた〜
    りょう

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM